So-net無料ブログ作成

(補遺編)純正律に対する考察~バロックの長調曲対策~ [純正律(Just Intonation)]

スポンサー広告
a8mat=2BY7HO+F5YIIA+33TA+609HT" target="_blank">



コメント欄の自己レス
>あと、ヘンデル(他)対策用の「長調純正律レ♯型」も音律表載せておきますね。

というわけで、、、うわ、就寝までもう時間ないや(汗泣)。

とりあえず音律表を貼っときますね。

これが前回提案した、F♯を22セント上げるタイプ、つまり、「F♯の位置をキルンベルガーⅠ(あるいはⅡ)と同じにしましょう」型(笑)です。
01補遺_(前提)前回提案_ハ長調純正律ping.png
ただ、バロック曲の構成音を調査すると分かるのですが、ヘンデルを筆頭にして、実際は、長調曲で同主調転調をしない曲の場合、短3度(ハ長調の場合E♭)でなく増2度(ハ長調だとD♯)の方を使う作曲家が多いんですよね。なので、こっちの音律の方が、より「現場の声(笑)」を反映しているのではないですか、ということです。ではご登場願います(笑)、どうぞ!!

0002補遺_バロック対策D♯_ハ長調純正律ping.png




前回書いたことの応用なので、数値とか記載不要ですよね?
前回同様、どうもあの(左上)シントニック・コンマも不要のような匂いがするんですよね・・。もう少し書くと、今回の音律では、左上シントニックコンマを外すと、純正5度が4つ連鎖するので、シ♭-レが(バロック時代に忌み嫌われていた)ピタゴラス長三度になってしまうのですが、実際問題としてハ長調曲でこの和音使うのかな、などと思った訳です。

 ではまた。 お休みなさい。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

ミタチ

はじめまして、ミタチといいます。
音律に興味がわいて少しずつ勉強し始めました。
わからないことだらけで、すぐに頭が混乱して困ります。
純正律にも色々あるようですが、本当の?純正律はどんな音律か教えていただけませんでしょうか。
すごく基本的なことだと思うのですがよくわかりません。
簡単な整数の比の音程なら、F#は7/5になるんじゃないかと思うけど、
そんな音程はどこにも出ていないし、私は見たことないです。
ダイヤトニックはどこでも同じ数値なんだけど、クロマティックはウルフを動かしたりして、勝手に都合で決めているのですかね。
そこに闇の組織のアジトがあるのかな。
by ミタチ (2012-06-19 14:41) 

REIKO

「変形例その1(D#型)」は、マッテゾンの純正律と同じですね。
(「ドデカゴン」の2番)
これは理論としてはわかるんですが、バカ広いウルフができてB♭もすごく高くなるので、実用は難しいと思います。
なのでkotenさんがおっしゃるように、B♭-Fのシントニック・コンマは無しにした方が現実的ですね。
まあ、シントニック・コンマは2つまで・・・でしょうね。
そのようにすると、ウルフは+20セントになり、F#-B♭も(広いですが)長三度として一応「使える」ことになります。
ハ長調でこういうとこ使うのかどうかは別として。
オイラーやメルセンヌ以外では、ケプラーの純正律が、「シントニック・コンマ2つと+20セントのウルフ」という構成ですけど・・・。
by REIKO (2012-06-19 19:48) 

koten

ミタチさん、はじめまして。コメントありがとうございます。( ^-^)_旦~

 ううむ、ナカナカ深い質問なので、本論記事(別名:表の世界)で回答させていただきますね。
http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19
by koten (2012-06-19 21:18) 

koten

REIKOさん、コメントありがとうございます。( ^-^)_旦~

>「変形例その1(D#型)」は、マッテゾンの純正律と同じ
・・・おおぉ、本当だ。何と何と。

>バカ広いウルフができてB♭もすごく高くなる
・・・そうなんですよね、B♭が高く感じるんですよね、これも今回の新たな発見(発耳?)でした。あと、シントニックコンマの「利益」を享受できるのって、そこから左側(♭側)の4つまでの音の和音ですよね。一方、このケースでは、「利益享受者」って「B♭」だけじゃないですか(その横はウルフなので)。だから思わず、「あーこりゃあ「無駄飯食いコンマ」(笑)だな」って感じてしまったんですね。

>まあ、シントニック・コンマは2つまで・・・でしょうね。
 これに関してですが、楽譜を引っ張り出してみたところ、パーセルの師匠でジョン・ブロウという人がいるのですが、彼が作曲した組曲第4番ハ長調のクーラントでは、何とE♭の和音が使われているんですよ(E♭は低音)。 なので、もしかしたら修正ハ長調純正律(コンマ3つE♭型)も使い途あるのかも知れないです。
 これは面白くなってきました!


by koten (2012-06-19 21:34) 

koten

>組曲第4番ハ長調のクーラント
・・確認しました。F♯修正型ならOKです。後半6小節目にDmの和音が出てくるものの、DA5度ではなくAD4度ですし、しかも同時打鍵を避ける周到さです。

ちなみに第3番イ短調のクーラントでは、前半から早くもD♯音が出てきます。なのでやはりD♯型でないと破綻します。
by koten (2012-06-19 21:46) 

ミタチ

すばやい回答ありがとうございます。
ところで、「ドデカゴン」って何でしょうか?
馬鹿でかい恐竜のゴンとか??

by ミタチ (2012-06-19 22:21) 

koten

ミタチさん、追コメおおきにです。

「ドデカゴン」とは、100種以上の音律表データが載っている冊子です。
http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2011-02-11
(上記記事のコメント欄中に、入手方法も説明しています。)

ドデカゴン作成者(調律師の加屋野さん)のブログ「紫の時代」も是非
http://kcia.moe-nifty.com/moxam/2010/01/post-d682.html


by koten (2012-06-19 23:15) 

koten

今、こちらは台風の暴風雨が凄いです。皆様の所は大丈夫ですかね・・。

 あと、今日の「ハートの贈りもの」さんの下記記事(降参・リハビリ or ソウルの抹消!―闇の勢力への最後通牒)は良いですね、励みになります。
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/98e1f4b79d8b80e5c33cc0793ad0e0c7
 本当、一刻も早く、闇の勢力主導による人類の「奴隷」状態、恐怖政治、搾取システムetcが崩壊・消滅して欲しいですよ。
 
 あと、電子楽器メーカーさんは、純正律や各種古典調律で「不当な金儲け」するの辞めて欲しいですよ、全くもう(ぷんすか!)。


by koten (2012-06-19 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
うねうねフレットギター 古典音律フレット 非平均律フレット楽器 古典調律鍵盤楽器ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。