So-net無料ブログ作成

実験開始! まずはイ調で ~王道純正律の生チェンバロ演奏~ [純正律(Just Intonation)]

スポンサー広告
a8mat=2BY7HO+F5YIIA+33TA+609HT" target="_blank">



 昨日の夜、ようやく調律できました。しかし平日出勤帰宅後のためへろへろ(泣)、、、あぁ早くアセンションして、「好きなことを好きなだけ研究出来る」社会に移行して欲しい(爆)

 というわけで、まずは長短の基本和音と、フィッシャーのイ短調組曲のシャコンヌの生チェンバロ版から

 

 はい次、ブルグミュラーの「アヴェマリア」イ長調を生チェンバロで。

これ、楽譜と見比べていただければ分かると思いますが、やはり「王道」型だと、長調曲で♯系への転調が殆どできないので、中盤の和音はやや濁りますよね(C♯和音とか出てきますし)。ただ、ミーントーン(MT)よりは濁りが緩和されているのではないかと(広い5度がMTよりも16.5セントほど改善されているので)。 ともあれ、このような♯系の和音を使う曲は、マッテゾン純正律などの「長調専用」タイプならもっと綺麗に響くでしょう。でもまぁ、これはこれでアリではないか、ということで(自己満足モードw)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
うねうねフレットギター 古典音律フレット 非平均律フレット楽器 古典調律鍵盤楽器ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。