So-net無料ブログ作成

(つまんない?ギャグ追加)純正律フレットGuitar&Open-Eチューニング(EBEG♯BE)で弾く、愛のロマンスと昨日のリベンジ(笑) [純正律(Just Intonation)]

スポンサー広告
a8mat=2BY7HO+F5YIIA+33TA+609HT" target="_blank">



 今日もやって参りました、「純正律フレットギターと戯れよう」のコーナー!(笑)

 まずは現在のフレットの状態です。
IMG_6143.jpg


 例によって、色々遊んでいるウチに、追加フレットや補助フレットが付いてきてしまいました(笑)。

 ちなみにこの第2フレットに付けられた補助フレットは、、、、って拡大しますね。
IMG_6144.jpg

 「ハ長調純正律が出来ないものか?」と思って遊んでいたら、やはりレミ間とソラ間は(大全音より1シントニックコンマ(=約22セント)分狭い)「小全音」でなきゃアカンだろう、ということで付けたものでして、今回のオープンEチューニング(EBEG♯BE)で弾く分には特に必要ないものです。

 で、ここからが重要(?)なのですが、この写真を見る限り、「何だ、シントニックコンマフレットって結構広いじゃん」、「これなら、ある程度慣れれば、小全音と大全音とを弾き分けることができるんじゃないの?」、「実は昔のギターもそうだったんじゃないの?」とか思っちゃったりする人がいるんじゃないかなと(笑)。 実際そうじゃないですかねぇ・・・ちなみにこのギターは弦長が650mmよりちょっとだけ長い楽器なのですが、例えば「バロックギター」とか「バロックリュート」などは、弦長が「バスギター並に長い」って話ですからね。

 確かバロックリュートって弦長690mmくらいが普通ですよね、、ってことは、現在の普通のギターよりもシントニックコンマのフレット同士が「広く」なりますよね、、その上Dmのオープンチューニングと来ている、、、「これは怪しい!」ってわけですよ(笑)、、、(←まぁこれはアマチュアor素人の「くだらない戯れ言(妄想)」と思ってくださって結構です。私、バロックギターもバロックリュートも持っていませんし。)
追記:でも、例え「そういう文献が出てこない」場合であっても、「だからNGなんだ」とするのは「」ですよね。今まで再三指摘した通り、この音律関係情報だけは「非常に特殊な環境」にある訳ですし。であれば、例えば、「調性音楽、和声音楽を嗜んでいる一般人ならば、音律や楽器や曲を最大限に活かすために、(言い換えれば「芸術家としての本分を全うするために」)どういう行動をとるだろうか?」等の視点で物事を考察することが凄く重要だと思う訳です、はい。

 てな訳で、今日の演奏。
 最初の曲は、ギター関係者以外の人にも解説不要ですよね。
 例によって、これも帰宅後練習録音なのでミス多発です&最初は指慣らしモードですので、時間の無い方は40秒くらいからどうぞ。



 異なる運指を既存楽譜に書き込んで数回練習してから臨んだのですが、未だ未だ練習が必要ですねぇ(汗)。

 ということで、このオープンEチューニング(EBEG♯BE)という調弦は、昨日のオープンDの全部の弦をそのまま全音分上げれば実現できます。ただ、6本の弦を全音上げるとテンションがうんと上がるので、より張りないし緊張感のある響きが出ますね。それと、⑤④③弦が通常より高くなることもあって、今日はA=432Hzで調弦しました(前回はA=441だったか442だったか・・・ううぅ忘れてしまった(汗))。

 昨日のオープンDチューニングは、最近のギター曲では結構見かけるのですが、所謂クラシック曲の楽譜では未だ見かけたことがないですね。それに対して、今回のオープンEチューニングは、ラテン系のクラシックギタリストの動画演奏で、チューニングの実演を兼ねながら弾いている映像を見たことがあります(曲名は忘れました)。ただ、如何せん12ETフレットでのオープンEチューニングだと全然面白くないし、しかもその動画では、弾いている内にどんどん調弦が狂って来て最後は壮絶に汚い和音が鳴らされて終わったので、ハッキリ言って思いっきりチョウザメもとい興ざめ(笑)の演奏でしたわ。

 私、オープンチューニングって、絶対「純正律フレット」のための調弦だと思うんですよね、、、、もう少し頭が整理されて来たらその旨の記事を書きたいと思っているのですが、どうなることやらです。

 それと、以前にIMSLPでカルカッシの楽譜を調べていたら、3弦をG♯に上げる調弦指示が楽譜中に書かれていたのを見た記憶があります、、4弦5弦はどうだったかは忘れましたが。

 では最後に、昨日の曲のリベンジ演奏です(笑)。上述のように、今日のオープンEチューニングは、昨日のオープンDチューニングをそっくり全音上げただけですので、「同じ曲を同じ運指で弾くことができる」という訳です(これが本当の「エアー2フレットカポ」ってやつでしょうか(爆)・・・このギャクの意味が分からない方は、身近なギターに詳しい方に質問してみて下さいw)。ではどうぞ。


 まぁ未だ未だ要練習ですが、今回は、昨日の低音メロディーと最後のハーモニクスの失敗の敵はそれなりに討てた(笑)ので、とりあえず良しとしましょう、、、そうしないとキリないものね(←自分には甘い私(自爆)。

 それでは今回はこの辺で、皆様良いGWをお過ごしください!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
うねうねフレットギター 古典音律フレット 非平均律フレット楽器 古典調律鍵盤楽器ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。