So-net無料ブログ作成
民族楽器 ブログトップ

とある民族楽器の製作&改造 [民族楽器]

 余談ですが、今回のように週半ばの水曜日が休日だと、週末も大して疲れが出ず、ブログもサクサク書けるように感じますね・・・こんな感じで、水曜日が毎回休みだったら良いのになぁ(爆)

 で、次はこれですね。
>※現在、とある民族楽器を製作しているので、その模様などをupしてみたい。
 ・・まずは現在製作中のブツからです・・・じゃーん!

07カリンバその1.jpg

 ご存じアフリカの民族楽器、「カリンバ」です。
 これは元々、大分前に小型の組み立てキット販売品のカリンバを作って遊んでいたのですが、音を鳴らすキー(バー)が10本しか付けられない仕様だったため、音域不足の不満が次第に高まってきて、今回重い腰?を上げて大型のカリンバを作って音域拡大を図ろうと企てたものです。写真では30本以上バーを付けてますが、詰めれば50本くらいは行けそうな感があります。

   一方、前使っていたキット販売品についても、色々と工夫すれば20本くらいは付けられるように思えて来たので、今回思い切って改造してみました。その実態がこれです・・・じゃーん!(写真ではとりあえず全音階で17音分付けてます)
08カリンバその2.jpg

 カリンバを作ったことのある方なら写真を見ただけで分かると思うのですが、今回の改造では、

 改造その①:キットでは真ん中の(黒色の)金属部材が「表板に固定する方式」&バーを金属部材の10個の穴に差し込む方式だったのに対し、その金属部材を「上から各バーを押さえ込む方式」に変更した(これが最大の改造点であり、これにより沢山のバーを付けられるようになった(嬉!))

 その②:(一般的仕様は、最低音を中央に配置するのに対して)左側が低音、右側が高音となるように配置する。

 その③:隣接バーをオクターブ仕様にする。

 その④:キット付属のバーを左側で全部使ってしまい、右側のバーをヘアピンで新たに追加する(バーの厚みが違うので、同じ厚みのものを同じ場所で使用する)。

 などを行いました。あと、ヘアピンは部材が薄いので、右側の上方に板部材(今回はアイスのバー(笑))を介在させていることも付記しておきます・・・あぁ何てオープンなんでしょう私(爆)。
 
 で、この改造カリンバを調律していて感じたのですが、色々な倍音が鳴っているためなのか、どうも電子チューナーが上手く反応してくれないんですよね(泣)。。なので今回は全て自分の勘のみで調律することにしました。

 それと、今回この改造カリンバの音も録音してみたのですが、この楽器は、スピーカーやイヤホンなどを厳選しないと、音が良く聴き取れないケースが頻発するのではないかと感じました。少なくとも家のノートPCのスピーカー再生では、低音側の音(音程)が全然聞こえないですね・・(愕然)。

 という訳で、出力機器の性能テストも行える(笑)カリンバの音です。
 まずは長調音階から、、、


 貴方のスピーカーorイヤホンでは、低音の音も聴き取れましたでしょうか? 良い(or相性の良い)機器ならば、 2オクターブ+レの音まで出ていることが確認できるはずです。
 今回の調律では 概ね、「バロックピッチでのイ長調仕様」になっていると思われます。

 次は、上述の「改造その②&③」を活かそうとした、「簡単!同時オクターブ弾き」と「カエルの歌のオクターブカノン」の音源です(但しミスあり(汗))


 
 最後に、上鍵盤?wによるドリア旋法と、この旋法による「スカボロ・フェア」を弾いてみました(いあやぁ、さらにミス多発ですわ(自虐汗))。

 では、こんなところで。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
民族楽器 ブログトップ
うねうねフレットギター 古典音律フレット 非平均律フレット楽器 古典調律鍵盤楽器ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。